エンジンの不調はオーバーホールが必要かも?費用はいくら?エンジンオーバーホールをする3つのメリットとは?

姫路市の民間車検場、船場サービスです!

船場サービスの車検・点検・整備については以下からお願いします。

エンジンオーバーホールとは、エンジン内部の部品を修理または交換して、エンジンを復元する作業のことです。

エンジンは、長期間の使用や過剰な熱などの影響で、部品が摩耗し、劣化することがあります。

このような場合、エンジンの性能や寿命に影響を与える可能性があります。

エンジンオーバーホールは、このような部品の摩耗や劣化を修正することで、エンジンの性能や寿命を回復することを目的としています。

船場サービスでは、軽自動車から大型トラックまで様々な車のエンジンオーバーホールをさせていただきました。

そんなエンジンオーバーホールについて今回、書かせていただきます。

もくじ

エンジンオーバーホールの費用と理由

料金については車種とエンジンの状態によって大きく変わります。

数10万円から数100万円までかかるとしか言えないので、見積もりを取るまでいくらなのか明確には言えません。

エンジンヘッドのみのオーバーホールであれば、費用とかかる日数は下がります。

オーバーホールの費用が高くなる理由は以下の通りです。

部品コストが高い

エンジンに使われる部品は高品質であり、信頼性が高い物が使われます。

そのため、高価となることが多いです。

作業時間が長いため、費用がかかる

車種やエンジンタイプによって大きく変わり、数日から数週間以上はかかります。

完全に分解して、部品一つ一つを点検するため時間がかかります。

また、エンジンは部品数が多いことから修理が複雑となります。

エンジンオーバーホールが必要な症状

エンジンオーバーホールが必要な症状 姫路市船場サービス
エンジンヘッドのオーバーホール

エンジン不調の症状をいくつか紹介しますが、これはエンジン以外の原因で起こることもあります。

異音や振動がする

エンジン内部から異音や振動が発生する時、ピストンリングの摩耗や、バルブの不良、クランクシャフトの損傷などが起こっているかもしれません。

オイル消費量の増加

エンジンからオイル漏れをしている場合、ガスケットやシリンダーリング、ピストンリングなどの劣化が考えられます。

オイル量が減った状態でエンジンを使うとオーバーヒートを起こすこともあります。

燃費の悪化

燃焼効果の低下を起こして、ガソリンの消費が多くなっている可能性があります。

エンジンオーバーホールのメリット3選

エンジンオーバーホールのメリット3選  姫路市船場サービス
エンジン分解前

エンジンの寿命を延ばす

エンジンオーバーホールにより、エンジンの寿命を延ばすことができます。

古い部品を交換することで、エンジンがより効率的に動作し、将来的な修理や交換を必要とする頻度を減らすことができます。

性能の向上

エンジンオーバーホールにより、エンジンの性能を向上させることができます。

新しい部品を取り付けることで、エンジンの出力や燃費が向上し、車の加速や走行性能が改善されます。

コストの削減

エンジンオーバーホールは、新しい車を購入するよりもコストが低く済む場合があります。

新しい車を購入すると、車の価格だけでなく、登録費用や保険料などの追加費用がかかります。

一方、エンジンオーバーホールは、エンジンがまだ使える状態であれば、車自体を交換するよりもコストが少なく済むことがあります。

エンジンオーバーホールの手順

一般的な手順をご紹介します。

車種によっては手順が異なる場合があるので、こちらは一例です。

エンジンの部品は数百から数千程ありますので、専門的な技術と知識が必要です。

部品一つの抜けが事故を招く可能性があるため、プロ以外の方の作業はオススメできません。

エンジンを取り外す

車両からエンジンを取り外します。

エンジンの重量は乗用車の場合、100kg~300kgと言われていますので専用の器具や天井クレーンなどで降ろす事が望ましいです。

エンジンを分解する

エンジンを完全に分解して、部品を取り外します。部品を整理し、交換が必要な部品を特定します。

部品を洗浄する

部品を溶剤で洗浄し、古いオイルや汚れを取り除きます。

部品を検査する

部品を検査し、交換が必要な部品を特定します。

シリンダーブロック、クランクシャフト、コネクティングロッドなどの部品については、測定器を使用して寸法を確認する必要があります。

部品を交換する

交換が必要な部品を新しい部品に交換します。

例えば、ピストン、ピストンリング、バルブガイド、バルブシート、タイミングベルト、水ポンプなどです。

部品を再度洗浄する

交換した部品を再度洗浄し、古いオイルや汚れを取り除きます。

エンジンを組み立てる

部品を組み立て、ガスケットやシールを取り付けます。

エンジンを再度検査する

エンジンを再度検査し、問題がないことを確認します。

圧縮テストや漏れテストを行い、動作を確認します。

エンジンを車両に取り付ける

修理したエンジンを車両に取り付けます。

オイルを注入し、テスト走行を行う

修理が完了したら、適切なオイルを注入し、テスト走行を行います。

エンジンの動作を確認し、問題がないことを確認したら完了です。

以下は船場サービスのオーバーホール一部分の動画です。

※音が出ます。

まとめ

エンジンの調子が悪くなったら、オーバーホールは一つの解決策となります。

しかし、オーバーホールは費用がかかることからエンジン載せ替えや車の買い替えをした方が良い場合もあります。

どの選択が良いかは、車種や車の状態によって変わってきますので、信頼できる専門家と相談しておきたいところです。

サービス一覧はこちら

オススメ‼ 受付LINEアカウント

下のロゴから友達登録ができます。

ラインLINE

Tel:079-293-3352

Twitter & Instagramアカウントのフォロー歓迎‼.

もくじ