車検シール(ステッカー)はどこに貼る?場所は右上?再発行はどうやる?

姫路市車検

姫路市の船場サービス、ブログ担当です!

2023年7月3日から車検シールの貼る位置が変わりました。

今回はその車検シールについて書きます。

もくじ

車検シールとは?

正式名称は検査標章です。車検シールには車検の有効期限が書かれており、その日を超えると車検切れとなります。

車検シールは貼るが義務付けられていますので、貼られていない状態で公道を走ると違法となります。

車検に通っていても貼られていないということで罰則を受ける可能性があるので自分で貼る場合は忘れないようにしましょう。

なぜ車検シールの貼る位置が変わった?

車検シールの貼る位置が変わった理由は「無車検運行防止対策として、運転者が自動車検査証の有効期間を容易に確認できる状況を作ることで車検の受け忘れ等を未然に防止することを目的として、検査標章を運転者席からも見やすい位置に表示することとしました」と国土交通省は説明しています。

無車検運行は事故を起こす元なので減らすためにも取り締まりの強化が必要ということです。

間違えた場所に貼るとどうなる?

間違えた場所に貼ると道路運送車両法第109条の罰則として50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

しかし、あくまでも可能性であって、現在取り締まりを受けたという情報はあまりありません。

道路運送車両法に書かれているのは表示があるか無いかの事なので、どこまで間違えた場所に貼ると違反なのかはわかりにくいところです。

貼る場所はどこが良い?

2023年7月3日以降は運転席側の上部に貼る事になりました。

右ハンドル

車検シールの位置は運転席から見てフロントガラス右上

左ハンドル

車検シールの位置は運転席から見てフロントガラス左上

規定では「ドライバー席の上部で、車両の中心からできるだけ遠い箇所」となっています。

この「できるだけ遠い箇所」というのが曖昧な表現なので、どこまで許されるか難しいですが、画像の様な位置であれば問題ありません。

貼る位置を間違えた場合は?

スクレイパーというシールを剥がすことのできる平のようなものを使って一度剥がします。

破損した場合は再発行となりますが、問題なければ早めに貼りなおしましょう。

紛失や汚れで車検シールを再発行するには?

再発行をするには、普通自動車の場合だと「運輸支局もしくは自動車検査登録事務所」、軽自動車の場合は「軽自動車検査協会」です。

軽自動車だけ別の場所なので注意が必要です。

再発行に必要な物は以下の通りです。

普通自動車

自動車検査証(車検証)

車検シール(汚れや破れの場合)

印鑑(本人が申請する場合は認印可)

委任状(代理人の場合)

軽自動車

自動車検査証(車検証)

車検シール(汚れや破れの場合)

申請依頼書(代理人の場合)

再発行するには上記の物と普通乗用車の場合は申請書、理由書、手数料納付書の記入所が必要です。

軽自動車は申請書のみとなります。

車検シールは表示義務なので、表示なしの車には乗らないよう注意しましょう。

まとめ

車検シールは必ずつける必要があり、運転席近くのフロントガラスの端に貼る必要があります。

貼らずに走行すると罰則を受けるので乗らないようにしましょう。

サービス一覧はこちら

オススメ‼ 受付LINEアカウント

下のロゴから友達登録ができます。

ラインLINE

Tel:079-293-3352

Twitter & Instagramアカウントのフォロー歓迎‼.

a

もくじ