カーエアコン(車のエアコン)の不具合原因をご紹介!冷気が出ない、異音がする、臭いがする、風が出ない

姫路市にある船場サービスです!

船場サービスの車検・点検・整備については以下からお願いします。

夏になると車のエアコンは快適なドライブをするために不可欠ですよね。

2022年の夏でも各地で40度を超える猛暑になったりしてますので、その気温でエアコンが無いのは厳しいです。

そこまでの気温にならないとしても、太陽が当たる駐車場に車を置いておくと50度以上になることもあります。

熱中症になれば、治療費がかかるというのもありますが、命にかかわる危険があるので避けたいものです。

今日はエアコンの不具合の種類や、一般的な直す手順をご紹介します。

もし、すでに不具合が出ているのであればプロに修理してもらいましょう。

もくじ

エアコンの不具合

エアコンの不具合 姫路市船場サービス
エアコン修理

エアコンの不具合は大きく分けて4種類あります。

冷気が出ない、異音がする、臭いがする、風がでない等があります。

どれも、不具合だとわかるのはエアコンを使い始めた時となります。

エアコン修理が多い時は、車種によって部品が欠品となることもあります。

早めに気づいて直すようにしましょう。

冷気が出ない場合の原因

ガス漏れ

カーエアコンは冷媒(ガス)を使用して冷房を行います。

ガス漏れは徐々に起こる場合は、冷気が弱くなっていきます。

完全に抜けてしまうと冷気が全く出せなくなります。

コンプレッサーの故障

エアコンコンプレッサーが故障すると、冷房能力が低下する場合があります。

故障しても動く事があり、その場合は微弱な冷気を出してくれますが、完全に動かなくなることもあります。

コンプレッサーはエアコンの心臓のようなもので、冷媒ガスの圧縮に使われます。

コンデンサーの故障

コンデンサーは、カーエアコンのコンプレッサーで圧縮されたエアコンのガスを冷却する役割があります。

冷却されたエアコンガスは液体となります。

コンデンサーが故障している場合は、冷気が出なくなることがあります。

エバポレーターの故障

エバポレーターは、車内の空気を吹き出す箇所に設置されており、そこで冷媒ガスと空気が接触して、冷気を作り出す部品です。

エバポレーターが故障している場合は、冷気が出なくなることがあります。

異音がする場合の原因

コンプレッサーの故障

カーエアコンの異音の最も一般的な原因は、コンプレッサーの故障です。

コンプレッサーが異音を放置すると、エアコンが動かなくなったり、効きが悪くなったり、エアコン稼働時間が長くなり、燃費の悪化につながります。

ファンモーターの故障

カーエアコンには、室内の空気を循環させるためにファンがあります。

ファンモーターが異音を発生する場合、交換する必要があります。

ベルトの緩み

カーエアコンは、エンジンのベルトによって動かされます。

ベルトが緩んでいる場合、異音を発生することがあります。

ベルトの緊張を調整することで、異音を解消できる場合があります。

フィルターの詰まり

カーエアコンには、エアフィルターがあります。フィルターが詰まっている場合、エアフローが制限されて異音を発生することがあります。

フィルターを清掃または交換することで、異音を解消できる場合があります。

臭いがする場合の原因

カビや雑菌の繁殖

カーエアコン内部には、蒸れた空気がこもりやすく、湿度が高くなりやすい環境があります。

このため、カビや雑菌が繁殖し、それらの微生物から発生する臭いが原因となることがあります。

空気中の汚染物質

車両の外気や室内空気に含まれる汚染物質が、カーエアコンのフィルターや冷却器などに付着し、そこで細菌の繁殖を促進することがあります。

ドレンホースの詰まり

エアコンから排出される水が排出されないと、カーエアコン内部に湿気がたまり、それが原因でカビや雑菌が繁殖し、臭いの原因となることがあります。

冷媒の漏れ

エアコンの冷媒が漏れ出すと、その臭いが車内に漏れることがあります。この場合は、修理が必要です。

エアコン内部の汚れ

エアコン内部には、ほこりや汚れが蓄積されることがあります。これが原因で、カーエアコンから異臭が発生することがあります。

エアコンの風が出ない場合の原因

ファンモーターの故障

ファンモーターが故障していると、エアコンの風が出なくなることがあります。

ファンブロアーの故障

ファンブロアーが故障していると、エアコンの風が出なくなることがあります。

ファンブロアーは、エアコン内部に取り付けられたファンのことです。

電気系統の故障

エアコンは電気系統で動作するため、バッテリーや配線、ヒューズなどの故障が原因で風が出なくなることがあります。

コンプレッサーの故障

エアコンのコンプレッサーが正常に動作しなくなると、エアコンの風が出なくなることがあります。

エアコンの制御部品の故障

エアコンの制御部品が故障すると、エアコンの風が出なくなることがあります。

制御部品には、エアコンの制御ユニットやセンサーがあります。

ドアアクチュエーターの故障

ドアアクチュエーターが故障していると、エアコンの風が出なくなることがあります。

ドアアクチュエーターは、エアコンの空気の流れを調整するための部品です。

カーエアコンを直す手順

カーエアコンを直す手順 姫路市船場サービス
エアコン温度の点検

姫路市の船場サービスでは整備の一つカーエアコンの修理も行っています。

修理できる業者は整備工場、ディーラー、電装屋などがあります。

直す手順を書きますが、こちらは基本的な流れです。

カーエアコン修理はガス補充作業が含まれている事が多く、機材と経験が無い場合は自分で修理せずプロにお願いしましょう。

故障個所の特定

まずはエアコンがどのような問題を抱えているのかを特定します。

症状一つ一つから原因となっている部品を特定していきます。

必要な部品の交換

故障箇所が特定できたら、必要な部品を交換します。

部品交換には、コンプレッサーやエバポレーター、冷媒などが含まれます。

部品交換は、複雑で専門的な作業であるため、自分で行うことはおすすめできません。

専門家に依頼することをお勧めします。

系統の清掃

エアコンが正常に動作するようになった場合でも、定期的な清掃が必要です。

エアコン内部の汚れやカビを取り除くことで、エアコンの効率を向上させることができます。

冷媒の充填

冷媒が不足している場合は、冷媒を補充する必要があります。

冷媒の補充には専用の機材が必要となります。

点検

エアコンの修理が完了したら、最終的に点検を行います。

点検では、エアコンの作動状況を確認し、問題がないかを確認します。

まとめ

どの故障でも、部品の交換が必要になってきます。

気温が高まるほどエアコンの修理は増えて、車種によっては部品の欠品が起こります。

猛暑の中、エアコンが使えないと熱中症になる恐れもあるので、早めの修理をプロにお願いしましょう。

サービス一覧はこちら

オススメ‼ 受付LINEアカウント

下のロゴから友達登録ができます。

ラインLINE

Tel:079-293-3352

Twitter & Instagramアカウントのフォロー歓迎‼.

もくじ